文章力&チャット力が物を言うウェブの世界

文章力&チャット力が物を言うウェブの世界

喜怒哀楽は感情を表すのに必須の要素ですが、声が聞こえないウェブでは怒っているのか平常心などか文章を見ただけでは判断しにくいです。
楽しい気分なのに怒っていると勘違いされる事も多々あります。
相手の顔が見えない、声が聞こえないって事は感情が相手に伝わりにくいと言う事が言えます。

 

これではうまくコミュニケーションが取れないので、どうすれば喜怒哀楽を上手に表現できるか?
それは絵文字や顔文字、画像を使う事です。
そうすれば簡単に相手に気持ちを伝える事ができますし、相手側もキツ目の文章でも「楽しんでいるんだ」って正しく情報が伝わります。

 

このようにウェブではチャット力が長けている人が人気者になりますし、女性にモテます。
更にモテてリアで出会うまでになるにはチャット力+マメな人が絶対条件です。

 

例えばグループで参加しているチャットでは、女性が何かメッセージを入力したら、いちいちそれに反応してあげてコメントを返す事が重要です。
反応してあげる事によって愛情や親近感が生まれるきっかけになります。
マメな男はウェブの世界でもモテると言う事です。
面倒だからと言って無視しないで構ってあげる。
更に絵文字や顔文字で楽しい雰囲気を作り出す。
これがリアルで出会うための必須条件です。

 

もちろん文字を入力するスピードも大切です。
LINEやViberのようなメールの交換であれば、ゆっくり遅く文字を入力しても問題ないのですが、チャットのようなどんどん文字が流れて行くようなツールでは入力が遅いと会話がかみ合わなくなります。
Aさんが「こんにちは!元気?」と入力してBさんが入力している間にCさんが「もう風邪治った?」って入力してしまうと、会話が次のステップに以降しているので会話がおかしくなってしまいます。

 

スマホのひらがな入力になれていなければ、キーボードを表示さして入力するのもいいでしょう。
特に年配の方はスマホの入力に慣れていなくパソコンのキーボードに親しんでいる方が多いので、キーボードからローマ字入力するのもアリです。
慣れればスマホでひらがな入力も早くなるので、とにかく使って慣れて行くようにして下さい。